文字サイズ

後戻りの症状でお悩みの方へ

後戻りの症状でお悩みの方へ

まず、後戻りの症状とは、矯正治療終了後に、歯と歯の間に少し隙間ができたり、歯が少し捻れたりすることです。

すでに、県内や県外で、矯正歯科治療を終了された患者様で、何らかの原因(夜間の歯ぎしり・喰いしばり・親知らずの未抜歯・保定装置の使用不良など)で後戻りの症状が気になる方、ご相談ください。

後戻りのケースは、従来のワイヤー矯正法だけでなく、透明で取り外しの可能なマウスピースでの修正をお勧めしてます。 また、使用するマウスピースの枚数も少ないので、通常の半分以下の費用で治療が可能です。 i-teroスキャンニング検査により、修正に必要なマウスピースの枚数・期間・費用が分かります。

ワイヤー矯正法からマウスピース矯正法に変更されたい方へ

現在、ワイヤーにより矯正治療されている患者様もマウスピース矯正法に変更できます。 マウスピースに変更される方も、i-teroスキャンニング検査により、残りの移動に必要なマウスピースの枚数・期間・費用が分かります。