文字サイズ

理事長ご挨拶

開院以来、約5,000名の矯正歯科治療を行ってきました。その間、装置が目立ってしまうという心配と痛みに対する不安から、矯正歯科治療に対して抵抗を示される多くの方々と接してきました。

やはり、装置が目立つということが患者様にとって一番の大きな悩みであることを痛感しており ました。
2015年(平成27年)2月より、デジタルスキャニングカメラの東北地方初導入を機に、透明で目立たないマウスピースタイプの矯正法を本格導入いたしました。コンタクトレンズの様に自由に取り外しが可能で、ご自身で交換していただくシステムです。2017年(平成29年)8月には、さらにスキャニング時間が短縮された最新のカメラも導入しております。

2018年(平成30年)までに本システムで治療した患者数が東北6県ではもっとも多く、東北地方では初となるアライン社認定のダイヤモンドプロバイダー受賞を機に、郡山駅前のBig‐iにおいて駅前院を開設させていただくことになりました。

ビッグアイオフィス4つの特徴
  1. 駅直結で通院に便利
  2. マウスピース矯正専門外来
  3. マウスピースをお渡しする日から通院可能
  4. 本院で治療中の患者様も通院できます
当院には元 奥羽大学歯学部歯科矯正学講座教授の、氷室利彦先生と、元 奥羽大学歯学部放射線診断学講座教授の、鈴木陽典先生が常勤しています。
患者様の治療データは、本院と駅前院で共有しており、専門性の高い元教授陣のサポートにより、より高度な 診断と治療を提供させて頂くことが可能となりました。

初診相談では、積極的に治療をすすめるものではなく、どちらのシステムがご本人にとってあっているかをアドバイスすることを目的としています。無理に治療を行わない方が良いタイプの方もおられます。本気で頑張りたい方のみが対象となる治療と考えているからです。
どちらのシステムも安易なお気持ちでは、治療を開始されない方がよいと思います。
詳しくは、アドバイスを受けてください。

駅前院へお車でお越しの際は、ビックアイ直結の駐車場(収容台数は437台)をご利用ください。
(お車の際は駐車券をご提示ください)

インビザライン治療に関する注意喚起

インビザライン・システムによる治療は、審美性に優れ、とても有用な反面、どのような歯科医師でも使えるような簡単な装置ではありません。専門教育機関で日本矯正歯科学会既定の修練を積んだ矯正歯科医による診断と適切な治療をお勧めします。

ワイヤー矯正法と比較して夢の様なシステムですが、使い捨てのコンタクトレンズのように、患者様ご自身で交換できるので、ワイヤー矯正法と比較して大変快適になっている反面、使用時間を徹底管理する必要があるシステムです。患者様ご自身の協力度が低ければ、良い治療結果は、得られません。真面目に使用する自信のない方は、従来のワイヤー矯正法が良いでしょう。

当院は東北地方では初となるダイヤモンドプロバイダーに認定されています。プラチナエリート以上の認定を受けているドクターは国内で約20人、となっています。このプロバイダー制度はインビザライン矯正をする一つの目安になるかと思います。

インビザライン・プロバイダー制度は、症例数によって評価、認定されるものです。単純に症例数だけで判断する事はできませんが、インビザライン矯正をする際の1つの目安となるかと思います。